効果的な学習

2018年01月16日

授業とは教室で机に向かってするものだけではないと考えます。

今回は効果的な本校の授業の取り組みをご紹介します。

 

昨今の来日するインバウンドで中華系のお客様は増加の一途をたどっているのは周知の事実かと存じます。

各航空会社においても英語に加えて他の言語が話せる「マルチリンガル」のCAが求められています。

本校では航空科CAステージの授業において上記の理由から「英語」「中国語」「手話」などを組み入れ、実践的な学習をしています。

先日調理室(家庭科実習用)での授業をのぞいてみると、何やら違和感を覚える授業をしています。

よく見てみると中国語で中華料理を作る授業をしていました!

小籠包を作っているようです。

実践的な授業は時に非常に効果的に学習成果を上げることが出来ます。

これはナイスアイデア!

作った小籠包を職員室まで届けてくれました。

皮から手作りした小籠包は「好吃‼(ハオツー)」でした。


未分類に戻る
このページの先頭へ